代表挨拶

家づくりの真ん中に人 株式会社エースホーム代表取締役 島 正憲

ごあいさつ

エースホームの歴史は昭和7年、島五郎が開業した建材店から始まりました。
当時は砂、セメントブロックの販売が主で材料運搬はリヤカーで行うものでした。
遠方や山手の場所への納品には一日がかりとなり、大変困難な道のりだったそうです。

昭和初期~中期にかけて道路整備が進み、自動車での運搬が可能になりました。
多くの資材を一度に運べるようになったおかげで取引業者も少しずつ増えていき、
年号が平成に変わるころには、培ってきた流通ネットワークを活かし、
お客様への対応をスムーズに行えるようになりました。

そして、平成7年。
更なるお客様からの要望を実現するため、
住宅建築会社である「株式会社エースホーム」を起業。
もちろん開業当初は苦難の連続でしたが、
当社で家を建てて頂いたお客様や協力業者様のおかげで、
建築棟数も地場建築業でNO.1となることが出来ました。
今後は、棟数ではなく
お客様満足度No.1。社員も職人さんも会社に関わる
全ての人に愛される企業No.1
を目指し、
社員一丸となって精進してまいります。

株式会社エースホーム 代表取締役 島 正憲

企業理念

お客様のために、日々「努力・精進」するのは当たり前

お客様と関わる際、大切なことはお客様に満足していただくことだと思います。
いつも全社員に伝えているのは
「お客様のために一生懸命に尽くすことは当たり前。
自分は精一杯やったと自負しても、お客様が満足していただいていないのであれば、
それは一生懸命にやったことにはならない」
そうした顧客満足度の高い企業でありたいと思います。

ライン

会社に関わる全ての人を幸せに

お客様だけでなく、家づくりに関わる仲間を大切にしています。
協力業者さんは私たちができない技術部分の仕事をしてくれているスペシャリストです。
受注が欲しいがために当社の営業が値引きをして
シワ寄せを協力業者へ与えてしまっては、きっといい家は建たないでしょう。
家に関わるすべての方が幸せで生き生きとやりがいをもって家づくりができるような
環境づくりを心掛けています。

ライン

人を育て地域貢献を

貢献には様々な仕方がありますが
私たちエースホームは人を育てるという観点で貢献したいと考えています。
「佐賀県で働きたい企業No.1」を目指し人財を育てていきます。

ライン

家づくりも、仕事も、人生も真ん中に「人」

私は自分の船(エースホーム)だけを大きくしたいと考えていません。
今のスタッフたちが成長して、どんどん社長になっていき
沢山の特徴を持った船(会社)が出て、チームとなり
様々な価値・要望に応えられる進化する組織でありたいと考えています。

トップへ戻る